8/26 小笠原3時間ゲームログ その1

暫定カイエ@愛鳴藩国:こんばんは。お疲れ様でございます。
芝村 :はい。こんばんはー
暫定カイエ@愛鳴藩国:ちょっと早いのですが、小笠原ゲームに参りました
芝村 :はい。では人をどうぞー
暫定カイエ@愛鳴藩国 :はい
  
へろうちょ@ハルキ@愛鳴 が会話に参加しました。
 たまき@愛鳴藩国 が会話に参加しました。
 ユーラ@後ほねっこ男爵領 が会話に参加しました。
 脚立@愛鳴藩国 が会話に参加しました。
九頭竜川@愛鳴 が会話に参加しました。
三祭ノア@愛鳴藩国 が会話に参加しました。
赤星 緑@愛鳴藩国 が会話に参加しました。
火足水極@後ほねっこ男爵領 が会話に参加しました。


芝村 :こんばんは。みなさん。
脚立@愛鳴藩国:こんばんわ。
三祭ノア@愛鳴藩国:こんばんはです
赤星 緑@愛鳴藩国:こんばんは。宜しくお願い致します。
火足水極@後ほねっこ男爵領:こんばんは、よろしくお願いします。
たまき@愛鳴藩国:よろしくお願いします!
へろうちょ@ハルキ@愛鳴:こんばんはです。よろしくお願いします
ユーラ@後ほねっこ男爵領:こんばんはー。よろしくお願いします。
暫定カイエ@愛鳴藩国:よろしくお願いいたします。
九頭竜川@愛鳴:こんばんわ芝村さん
芝村 :小笠原10人は今となっては珍しいねえ。
暫定カイエ@愛鳴藩国:ですね
火足水極@後ほねっこ男爵領:ひとり、ほねっこのMillbackが遅れる模様です。すみません
脚立@愛鳴藩国:根が貧乏性なもので、限界まで詰め込ませていただきました。
九頭竜川@愛鳴:たくさん集まってくれてうれしいですね
暫定カイエ@愛鳴藩国:ゲームの前に少々お尋ねしたい事があるのですが、よろしいでしょうか?
芝村 :どうぞ>カイエさん
ユーラ@後ほねっこ男爵領:(お邪魔させていただいてますー)
暫定カイエ@愛鳴藩国:今回参加でない荒風ヒオさんからなっこと英吏に手紙を預かっているのですが、
               とどけられますか?
芝村 :ええ。
暫定カイエ@愛鳴藩国:ありがとうございます。
               もうひとつ、私のPC名なんですが、改名してもよろしいでしょうか?
               ルール的にどうなりますでしょうか?
(改名する理由はhttp://idressplayer.at.webry.info/200708/article_11.htmlの後半参照)
芝村 :ええ。いいですよ>改名
暫定カイエ@愛鳴藩国:ありがとうございます。単純に改名だけ行ってよいでしょうか?
芝村 :ええ
暫定カイエ@愛鳴藩国:はい。では早速変えてきます。
芝村 :さて。記事をどうぞ>どなたか 続いて呼ぶACEをください
火足水極@後ほねっこ男爵領:遅れていたMillbackが、今到着しましたので呼びます。
脚立@愛鳴藩国:
お世話になっております。愛鳴藩国です。
   8/26 19時から学校イベント(定員10名・3時間)を予約させていただいております。
   個人のマイルを出し合って30マイル支払います。

   30マイルの支払い内訳はこちらです。
   2000381 たまき 5マイル   2000387 赤星 緑 1マイル
   2000389 ハルキ  4マイル   2000393 三祭ノア  4マイル
   2000398 脚立 12マイル    2000392 九頭竜川 4マイル
   (全員シーズンオフのため仮入学)

   他の参加者として  2000384:カイエ(入学済み)
   1400284 火足水極   1400291 Millback (仮入学)
   1400285 ユーラ (仮入学済み)
   の、以上合計10名です。 
 
   愛鳴・後ほねっこ両国内逗留ACEと、
   マイル無料でしたら
   共通逗留の芝村舞・青の厚志 小笠原逗留のスイトピーからどなたかををお呼びしたいと思います。
   こちらへのご報告が遅くなりました事をお詫びいたします。
   よろしくお願いいたします。

こちらがテンダイスへの投稿記事になります。

Millback@後ほねっこ男爵領 が会話に参加しました。

脚立@愛鳴藩国:招聘ACEは、
           後ほねっこ男爵領から、後藤亜細亜・吹雪先生・吹雪先生の奥さん・トーゴ
           愛鳴藩国から・斎藤奈津子・英吏
計6名になります。
芝村 :はい。人数多いなあ(笑) イベントは何を選択しますか?
ミーア@愛鳴藩国:まずは夏祭りでお願いいたします。いちおうこんなのを準備しました
芝村 :?
ミーア@愛鳴藩国:浴衣姿のイラストです
http://www23.atwiki.jp/aimeihankoku/?cmd=upload&act=open&page=%E8%B3%87%E6%9D%90%E7%BD%AE%E3%81%8D%E5%A0%B4&file=%E9%9B%86%E5%90%88%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%81.jpg
http://www23.atwiki.jp/aimeihankoku/?cmd=upload&act=open&page=%E8%B3%87%E6%9D%90%E7%BD%AE%E3%81%8D%E5%A0%B4&file=%E6%B5%B4%E8%A1%A3%EF%BC%9F%E8%8B%B1%E5%90%8F.jpg
http://www23.atwiki.jp/aimeihankoku/?cmd=upload&act=open&page=%E8%B3%87%E6%9D%90%E7%BD%AE%E3%81%8D%E5%A0%B4&file=%E6%B5%B4%E8%A1%A3%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%93.jpg
芝村 :ははは。いいですね
火足水極@後ほねっこ男爵領:夏だなぁ
ミーア@愛鳴藩国:全員分かけなかったのが心残りです
九頭竜川@愛鳴:おお、いつのまにこんな力作を・・・。感謝
たまき@愛鳴藩国:浴衣はよいv
赤星 緑@愛鳴藩国:うーん。いいなぁ☆
三祭ノア@愛鳴藩国:上から愛鳴藩参加者、英吏、なっこちゃん ですね
ユーラ@後ほねっこ男爵領:浴衣は良いです。
芝村 :では3分後に開始します。しばらくお待ちください。
三祭ノア@愛鳴藩国:はい
ミーア@愛鳴藩国:そうだ、みなさまカイエ=ミーアですよろしくお願いいたします
たまき@愛鳴藩国:よろしくお願いしま~す(^^)
赤星 緑@愛鳴藩国:はい♪ミーアさん。
ユーラ@後ほねっこ男爵領:はい、改めてよろしくお願いしますー
九頭竜川@愛鳴:こちらこそよろしく、ミーアさん
Millback@後ほねっこ男爵領:よろしくお願いします、ミーアさん


/*/

SD:英吏は目を開いた。暗い闇の中だった。

奈津子:「英吏さん……?」

英吏:「またここか」

SD:英吏は奈津子の手を握った。尻尾までしびれる勢いの奈津子。

奈津子:「にゃ、にゃぁ!」

英吏:「……離れるなよ。夏祭りだろうから」

奈津子:「は、はいっ!」

ミーア@愛鳴:(いい感じだw)

SD:一方その頃。

三祭ノア@愛鳴:(予測されとる)

ユーラ@後ほねっこ:(微笑ましいですな)

SD:みなさんは石段の下に集まっている。この上は神社で、夏祭りの会場だ。

九頭竜川@愛鳴:祭囃子が夜風に乗って聞こえるねぇ・・・

ミーア@愛鳴:「みんなそろってますかー?」

火足水極@後ほねっこ:「や、どーも、みなさん。僕、遅れたわけじゃあないよね?」などといいつつ、登場

ユーラ@後ほねっこ:「いやー、お祭はいいですねー。誘っていただいてありがとうございます」

Millback@後ほねっこ:(海賊さんは人数チェックをしている・・・誰か足りなくは無いかな?)

赤星 緑@愛鳴:「皆さん、こんばんは!いやぁ、風流ですねぇ~☆」

たまき@愛鳴藩国:「なんかいー匂いがするー(くんくん)」

ハルキ@愛鳴:「祭はやっぱり神社ですよね~」

脚立@愛鳴藩国:「こんばんわ、皆様方。良い夜ですね。」

三祭ノア@愛鳴藩国:「はいはい、おりますよー」

SD:後藤亜細亜ががちがちだ。凍っている。

九頭竜川@愛鳴:「いやいや、小笠原は夜になっても暑いですなー」(うちわでパタパタ)

火足水極@後ほねっこ:「あー、ミルさん。吹雪先生ご一家もだからー」といって亜細亜を探そう。

吹雪先生の奥さん:「がんばれがんばれ。わはははは」

ミーア@愛鳴:「亜細亜ちゃんこんばんは。人が多くて緊張してる?」

Millback@後ほねっこ:(んぬ? 人数多すぎるせいかな)

ユーラ@後ほねっこ:「亜細亜ちゃん、緊張しなくて大丈夫だよ。みんな優しい人ばかりだから」

吹雪先生:「もう少し品のある笑いのほうがいいんじゃないのか」

吹雪先生の奥さん:「なに、キスしたいの?」

ユーラ@後ほねっこ:(おお、吹雪先生夫婦の初絡み)

吹雪先生:「いや、遠慮しておく」

ミーア@愛鳴:(あら残念)

SD:トーゴは何か思うところがありそうだが黙っている。

九頭竜川@愛鳴:「こんばんわ、亜細亜さん、みなさん。いい夜ですね~」

Millback@後ほねっこ:(亜細亜ちゃんが怖がらないようにちと離れておこう・・・)

火足水極@後ほねっこ:「おう、亜細亜ちゃん。多分みんな顔は見たことあるんじゃないかな。
               愛鳴藩のみなさんとはあちこちでご一緒させてもらってる」

SD:亜細亜は心ここにあらずだ。凍っている。

赤星 緑@愛鳴:「初めまして!こんばんは☆良い夜ですね?」>亜細亜さんはじめご一家&トーゴさん

SD:亜細亜はしきりに周囲を気にしている。

吹雪先生:「こんばんは」

九頭竜川@愛鳴:亜細亜さんの服装を確認したいのですが、どんな格好ですか

吹雪先生の奥さん:「そろそろ夏も終わりですね」

SD:亜細亜は浴衣を着ている。金魚をあしらった赤と黄色のものだ。

   肌もかなりがんばって、白く見えるようにしている気がする。

三祭ノア@愛鳴:(かわいい浴衣だ)

ユーラ@後ほねっこ:(トーゴさんが用意したのかな)

SD:髪にいたっては普段のウエーブをストレートパーマまでかけてどうにかしている。

トーゴ:「なにもしとらんよ。小遣いはやったが」

火足水極@後ほねっこ:「(プレッシャーかけない様、遠目でニヨニヨ)」

ミーア@愛鳴:(恋をすると女の子はかわるなあ)

脚立@愛鳴:「そのお小遣いできっと頑張ったんですよ。」

赤星 緑@愛鳴:「夏の終わりはなにかもの悲しい感じがしますね?」(言いつつ様子をみてます)

九頭竜川@愛鳴:亜細亜さんを驚かさないようにゆっくり近づいて、ひざを曲げて視線の高さを合わせます。
          
           「その金魚の浴衣。とてもお似合いですよ」 と微笑んで伝えます

ユーラ@後ほねっこ:「そうでしたか。でもやっぱり浴衣はいいですね。うん」

ミーア@愛鳴:「今日はこれまでの慰安もかねて、みんなで楽しみましょう~」

SD:亜細亜はがちがちにうなずいている。>九竜

/*/

火足水極@後ほねっこ「では、行こうか。人数が多いからはぐれないように。はぐれたら、やぐらのところに集合ね」

SD:英吏は後藤亜細亜の姿を見つけた。銃を抜いた。

ミーア@愛鳴:うわ!

SD:機関拳銃だ。

赤星 緑@愛鳴:射線にたちます。

ミーア@愛鳴:英吏のところに走ります

三祭ノア@愛鳴:Σ 英吏を見つけてかけよります「ストーップ!」

脚立@愛鳴:後藤亜細亜の背後、周辺に誰かいないか確認します。

Millback@後ほねっこ:亜細亜ちゃんをかばう!

英吏:「りゅうへんげのなかまらしい」

たまき@愛鳴藩国:なっこちゃんはどこ

奈津子:「え、え?」

火足水極@後ほねっこ:亜細亜の後ろに射的の屋台がないか確認。

ミーア@愛鳴:「ちょっと待って!」

英吏:「色々見ているが人間ではない可能性が高い」

赤星 緑@愛鳴:「違いますよ!愛鳴藩の聯合藩”後ほねっこ藩”の方です!!」

ミーア@愛鳴:「だからって撃つ必要は無いでしょう」

SD:英吏は銃を向けた。

九頭竜川@愛鳴:「英吏さん、ここは祭の場ですよ。無粋はやめてください」

たまき@愛鳴:「人間であるかないかは、あんまし関係ないと思うけどなあ(悩)」

         「見れば、解かると思うー」

脚立@愛鳴:「敵か味方かで分ければ、味方に近いでしょうしね。」

Millback@後ほねっこ:亜細亜ちゃんを守れる遮蔽物をそれとなく探します

ミーア@愛鳴:「お願い、ちょっと待って!」

英吏:「あいにく、私は私の勝手にやる、人に命令されるのはまっぴらだ。給料でもでないかぎり。
    抵抗するなら射殺する」

奈津子:「え、あの。だから」

ユーラ@後ほねっこ:「トーゴさん、こういう場合はどうしましょう」

SD:トーゴは、微笑んだ。

   トーゴは後藤亜細亜の背を押して、英吏の方に近づけた。

トーゴ:「がんばれ」

火足水極@後ほねっこ:なるほど(笑)

脚立@愛鳴:「確かにACEの斎藤さんと英吏さんには給料だすべきなのかもなぁ」

ユーラ@後ほねっこ:「んー、亜細亜ちゃん、英吏さんにご挨拶を」

ミーア@愛鳴:「そうだ、それがいい」

SD:亜細亜はいきなり舌をかんだ。

   顔は真っ赤だ。倒れそう。

火足水極@後ほねっこ:のあっ

たまき@愛鳴:抱きとめます

火足水極@後ほねっこ:「あいさつするのに緊張して舌かんだー!?」

亜細亜:「……」

たまき@愛鳴:「英吏さんて、人を見る目がないと思ってたら、本気でなかったとか?」

英吏:「そなたにはあったことがあるな」

ミーア@愛鳴:「そうだ、なっこちゃんに渡すものがあるのよ」

ユーラ@後ほねっこ:「あああっ!? 亜細亜ちゃん、落ち着いて!」

赤星 緑@愛鳴:亜細亜さん、息吸って落ち着いて。と心の中で応援してます。

亜細亜:「は……はい」

Millback@後ほねっこ:「ゆっくり深呼吸ね~」

九頭竜川@愛鳴:亜細亜のそばにしゃがみこんで背中に手を置きます

           「大丈夫ですよ。ゆっくり話せばいいですから」

英吏:「この間、さらわれて、こりてなかったと見える」

ミーア@愛鳴:「今日これなかったヒオさんからお手紙預かってきたの」

火足水極@後ほねっこ:「紙袋に空気入れて、はいすってー、吐いてー」

SD:奈津子は大ショックを受けている。>ミーア

   既に涙目。

   亜細亜は何も言えないで固まっている。

ミーア@愛鳴:「お、大丈夫なっこちゃん(背中をさすります」

ユーラ@後ほねっこ:(がはっ<この間)

吹雪先生:「逃げないあたりに進歩が見れますね」

吹雪先生の奥さん:「押し倒せー!」

火足水極@後ほねっこ:「ちょっと荒療治かともおもわんではないのですが。目覚しいですな」>進歩

赤星 緑@愛鳴:苦笑を押し殺しながら見守りますw

ユーラ@後ほねっこ:「いや、奥さん、それはちょっと」

SD:吹雪夫婦による夫婦喧嘩がはじまっています。

Millback@後ほねっこ:奥さんの言葉でちとこける

吹雪先生:「はやい、はやいよ。奥さんっ」

ハルキ@愛鳴:「ああ、犬も食わないことを~」

九頭竜川@愛鳴:「あのちょっと太目のお兄さんはね。悪い人だけど、いい人でもあるんですよ。
            まず名前から伝えましょうか?」と亜細亜に伝えます

吹雪先生の奥さん:「狙ったへクスはすぐ取るのよ」

亜細亜:「英、吏、さん……」

Millback@後ほねっこ:どういう話だと首をかしげる・・・

ミーア@愛鳴:「さすがだ、奥さん・・・」

英吏:「なぜ私の名前を知っている?」

火足水極@後ほねっこ:吹雪先生の奥さん、子供と遊ぶ時も手を抜かないでコテンパンにするひとだ(笑)

亜細亜:「し、調べましたっ」

ミーア@愛鳴藩国:「なっこちゃん、手紙、後で読む?」

SD:英吏は冷たい目だ。すぐ人殺しそうな顔をしている。

Millback@後ほねっこ:「調べちゃダメかね?」

SD:奈津子は英吏と亜細亜のやり取りを別の意味で緊張してきいている>ミーア

   どんな関係なのか、気になって仕方ないようだ。

脚立@愛鳴:「英吏さんのいる愛鳴藩国と後藤さんのいる後ほねっこ男爵領は聯合ですからね。」

英吏:「どうやって、調べた?」

ユーラ@後ほねっこ:「舞ちゃんにも会って、あなたの話を聞いていたんですよ」>英吏


SD:英吏は脚立を見た。

赤星 緑@愛鳴:「うーん。こんな子供の行動も怪しむような環境におられたのですね・・。」(英吏さんをじっと見てます)

英吏:「意味不明の国の名前ばかりをきく」

脚立@愛鳴:「アイドレスという概念はおわかりですか?」

英吏:「もう一度尋ねる。どうやって調べた?」

SD:英吏は脚立を無視した。交渉相手として認めてないようだ。

   亜細亜はぐるぐるしている。

亜細亜:「イ、インターネットです」

火足水極@後ほねっこ:「(亜細亜に)さぁ、話して。後ろにはトーゴさんも吹雪先生もいるから。」

ミーア@愛鳴:「なっこちゃん、この亜細亜ちゃんと英吏はちょっと会った事があるみたいなの。」

英吏:「それはナショナルネットワークのようなものか」

SD:亜細亜はどう答えていいのか分からない。

吹雪先生の奥さん:「やっぱり抱きついてキスしたほうがはやいんじゃないの?」

吹雪先生:「だれかこの人とめてくれ!」

ユーラ@後ほねっこ:「いや、解決にならないような気がしますが」>奥さん

トーゴ:「お前夫だろう」

火足水極@後ほねっこ:「先生が止めんで誰が止められるんですかー」

ミーア@愛鳴:「くわしくは私もわからないんだけど、亜細亜ちゃんはそのとき助けられたお礼がしたいのよ、多分」

ユーラ@後ほねっこ:「似た様なものです」>ナショナルネットワーク

ミーア@愛鳴:「抱きついてキスできて問題解決するなら私もしたい(独り言」

亜細亜:「あと、ゲームです。ガンオケ緑を買ってもらって」

英吏:「りゅうへんげが言っていたのだな。どういうものだ。いえっ!」

SD:大声で亜細亜は凍った。 涙流した。

Millback@後ほねっこ:(りゅうへんげさん、何やったんだろう)

ミーア@愛鳴:「怒鳴らないであげて!」

SD:なぜか奈津子も涙流している。

たまき@愛鳴:亜細亜ちゃんの手を握ります

ミーア@愛鳴:なっこちゃんの手を握ります

赤星 緑@愛鳴:「子供を泣かせるのが貴方の趣味ですか?英吏さん。」

たまき@愛鳴:(おお!)

Millback@後ほねっこ:「まあまあ、子供相手に大人気ないかと」

火足水極@後ほねっこ:亜細亜ちゃんの肩に手をかけて、安心させます。

SD:トーゴは難しい顔をしている。

ミーア@愛鳴:なっこちゃんは気がついちゃったんですねえ、亜細亜ちゃんの気持ち

九頭竜川@愛鳴:「恐いお兄さんですねー、すぐに怒鳴って。大丈夫ですよ亜細亜さん。
            そのゲームのことを教えてあげればいいんです」

トーゴ:「さっきからずっと思ってたんだが、りゅうへんへんげってなんじゃね」

ミーア@愛鳴:「そうですよ」

Millback@後ほねっこ:「何かの名前のような・・・?」

吹雪先生:「ああ。この間海法よけ藩国の人がですね。あ、いいですか、解説」

脚立@愛鳴:「極論すると、我々と敵対する国の方、ですね。」

ミーア@愛鳴:なっこちゃんの顔を拭いてあげます

トーゴ:「話せ」

火足水極@後ほねっこ:「吹雪先生よろしく」

SD:奈津子はしくしく泣いている。

Millback@後ほねっこ:「先生、どうぞ~」

たまき@愛鳴:(ミーアさん、なっこちゃんを頼む!)

ミーア@愛鳴:背中さすりつづけます

吹雪先生:「亜細亜に聞いたんですが、亜細亜と英吏を呼んだらしいんですよ」

吹雪先生:「それでその、まあ、英吏は大変不機嫌だったようで」

Millback@後ほねっこ:先生が説明してる間に何か飲み物を全員分、買ってきます。

吹雪先生:「イベントは夏祭りだったかな。まあ、ところがですね。亜細亜はあれ以来どういうわけだか
        英吏英吏とうるさくて。ぬいぐるみに英吏って名前をですね」

火足水極@後ほねっこ:「(Millbackさん、サンキュ)」

SD:トーゴが手で顔を隠した。

ユーラ@後ほねっこ:「先生、なんか話がずれてませんか」

三祭ノア@愛鳴:「…なるほど。豪快ですが状況はわかりやすい説明ですな」

SD:亜細亜が吹雪先生の説明を聞いて顔を真っ赤にした後、英吏の顔を見て逃げ出した。

火足水極@後ほねっこ:「あああ、下駄で走ると危ないってばー(わわわ)」

Millback@後ほねっこ:(買い物してる最中に何やら妙な気配を感じてたりする)

SD:英吏は状況を自分なりにまとめようとしている。

ミーア@愛鳴:「なっこちゃん、大丈夫?」

ユーラ@後ほねっこ:追いかけます。>亜細亜ちゃん

奈津子:「ありがとうございます。でも、まあ、そうですよね」

火足水極@後ほねっこ:そっちは任せた!ユーラさん

奈津子:「そんなにうまくいくわけもなく……」

赤星 緑@愛鳴:ユーラさん、お願いしますー

九頭竜川@愛鳴:追いかけますが彼女が落ち着く時間が必要だと思うので、捕まえたりはしないでおきましょうか

たまき@愛鳴:「あーと。よくわからんのですが、英吏さんは亜細亜ちゃんが貴方に敵意があるように見えます?」

         「だとしたら、ほんとに人を見る眼がないというか・・」

         英吏をみて、溜息をつきます。

ユーラ@後ほねっこ:「亜細亜ちゃーん、あまり遠くまで行かないでね。すぐに戻らなくてもいいから」

ハルキ@愛鳴:(なんでこんな予想外のとこで三角関係が)

ミーア@愛鳴:「なっこちゃんー(ハグします」

三祭ノア@愛鳴:私は英吏の側に居ておこう

SD:英吏(自分を呼び捨てにした、吹雪を射殺したくてしょうがないが、亜細亜の話をきいて
       そっちのほうが気になってる)

九頭竜川@愛鳴:「皆さん、そちらはまかせましたよー ちょいと亜細亜さんを追いかけますので」ぽてぽてと走る

火足水極@後ほねっこ:「ところで、吹雪先生。あなた、学校で女生徒から何か言われたり
                しませんでしたか、もー(この無神経!)」

ユーラ@後ほねっこ男爵領:といいつつ居場所はちゃんと確認しておきます。
                 なにかあったらすぐ行ける距離を保ちつつ。



その2へ続きます>http://idressplayer.at.webry.info/200708/article_14.html